FC2ブログ

Entries

医療機器導入のお知らせ

この度当院では新しい医療機器を導入しました。
IMG_4206.jpg

細径の内視鏡です。
用途としては

・耳洗浄
・膀胱内の観察と検査、場合によっては処置(♀のみ)
・鼻の検査(ワンちゃんのみ)

です。

特に耳の洗浄に期待を抱いています。
アトピー/アレルギー性皮膚炎は完治は難しいものの、薬やスキンケアでだいぶコントロールできるようになってきました。しかし外耳炎は中々コントロールが難しい場合もあります。
特に通常の耳処置(麻酔をかけていない状態で)では耳垢を耳の奥に押し込んでいたりもします。
耳は正常であれば奥から汚れを排出できますが、炎症が起きているとそうもいかないこともあります。
なので外耳炎がひどく悪化する前に、一度耳全体をまっさらにするために内視鏡下での耳の洗浄を行うという治療も出てきています。
麻酔をかける行為ですが、メリットは高いと考えています。

やはり外耳炎が慢性化すると、高齢になって耳の穴が非常に狭くなってしまう状態に遭遇することも多いです。
そうなると手術も考えなければいけないですが、結構大変な手術なのでできれば避けたいです。
なので悪くなりきる前、早めに対応することが望ましいと考えています。

ただ耳洗浄はコッカーなどの特定の犬種の脂漏性外耳炎には効果が薄いようですのでご注意ください。
また状態によっては細菌の検査も併用する事もあります。

まとめると
・2ヶ月くらい外耳炎が治らない状態、もしくは薬をやめると再発する状態ではおすすめです。
・コッカーなどの外耳炎には効果が薄いです。
・耳の穴が狭くても洗浄はできますが、再発する可能性が高いです。
・早めの処置で手術を回避しましょう!

IMG_4207.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する